20180917

鳥取旅行記 その3

駅回りをもう少し歩いてみましょう。
おお、巨大な蓋があります。(深掘れない)

壁埋設、というよりは自立型に箱被せちゃったという感じの送水口。 

送水口リフレクションが可能です。 

可愛いビルのある風景その3.あれ?4かな 

ぴったんこう青アクリル 

境界標が驚いている鶏さんにしか見えません。 

三連赤アクリル 

宝探し系採水口 

壁にかなり埋設型送水口 

駅の裏手にも行ってみましょう。ダムがありますよダムが 

ひとりたたずむ自立型

大きな蓋その2。「大きい」より深く説明できません。 

壁付き送水口。 

これ、宮崎のぽんたさんがちょっと前にTwitterであげていたような?? 

可愛らしいカニの絵と「アベ鳥取堂」の文字の真剣さの対比がすごいです。

あと、字を見た後「青注目状態」にmなって絵を見ると、
カニではなくイカの絵が見えてくるという不思議。
(伝われ)


ばらまかれた量水器 

ここなら送水口あるかな…ってええ?しいたけ? 

温泉のある宿泊施設に併設しているきちんとした組織でした。
びっくりして失礼いたしました。

ちゃんと独立して研究室のようなものもありました。
そして送水口も!ついていましたよ~

山田様でしょうか。つるん 

現役のゲームセンター。
私が見ている間にも二人ほど吸い込まれていきました。 

コンテナ?と思ったら車両でした。でもぼろぼろで可哀想です。
こういうものをきちんと管理することの難しさと、
きちんとしていらっしゃる方の凄さを再確認したのでした。 

さて。
歩いて歩いて、鳥取の100円循環バス「くる梨」に乗ります。
くるり、です。循環ですから。特産の梨とかけているのですね。
二日目はとてもお世話になったのに、ずっと「くるなし」と呼んでおりました。
某なしのキャラクターのせいかと存じます。大変失礼いたしました。


最近お城のふもとにも送水口があるという事例にいくつか出会いました。
よって鳥取城址にも行くのです。

以下掲示板より。

太閤ヶ原と書いて「たいこうがなる」
面白い読み方です。



その途中で見た美しい洋館。 


消防施設はどんなふうになっているのでしょう。
行ってみました。 


絵葉書を買いました。そして使いました。
最近知った旅の楽しみです。







雨が強くなってきました。
くる梨に再び乗り、知り合った送水口に窓から心で手をふりつつ、駅へと向かいます。

駅に着いたころには、雨も上がっていました。

もうちょっと歩きたいと思いましたが、次は高知に向かう予定です。
さらば鳥取。
鳥取瓦斯水道部サイアミーズには出会えませんでしたが、
単口あり、かくれ送水口ありと楽しいまちでした。

鳥取編おしまいです。
ご覧いただきありがとうございます。

おまけ

そして高知に着くまでにこの一旦上がった雨と、
おさまっていたはずの風に苦しめられるとは思いもよらず…
(それはいつか高知編で)

鳥取旅行記 その2

県庁のそばの…幼稚園でしょうか。

マークが素敵です。 

これ、全てタイル絵なのです。すごい!

どこかにまだ埋もれているオールドはないでしょうか…うろうろする私。
の前に何とも重厚な建物が。 

つい最近いったばかりの福井裁判所を思い出しました。
こちらは現在ミュージアムのように市民の皆様に大切に使われています。 

こういう建物もいいけれど、鳥取は可愛い小さめのビルがたまりません。

の合間にこんなハンサムなビルが 

佐賀の県立体育館(かな)を思い出させる階段。わくわく 



左右違うアクリルの送水口。立売堀様でしょうか。
壁と合わせてアクリルの色を選んでいたら凄い。
「その1」のオレンジ編と並べたいものです。 

さきほど見たオールドプレートがあった建物をもう一度、こんどは違う方向から。
送水口はあれ一つのようです。これは階段室でしょうか。
こういう建物はもう造られることもないのでしょう。

さて、大通りに戻ります。
実はもう一つ探していた送水口があったのですが、私の「読み」はここでした。が… 
残念ながら解体されてしまっていました。
あああああ、県庁以外で今回の鳥取旅行のメダマだったのに…
道端で倒れそうになる私。
ちなみにこんな送水口があったのでした。ううう

そろそろホテルに戻りましょう。ここにも角っこウインドゥ

タイルは貼ってないようですが、素敵です。 

名もなき蓋その2 

こういうシャッター、どうしてきゅんとくるのでしょう。 

右書き消火栓蓋。しぶいです… 

ちなみに、この日は花火大会があったようで、浴衣の方々がたくさん駅の近くにはいらっしゃいました。アーケードを歩いていたら音が聞こえたので、空を見上げたら花火が見えました。お得な夜でした。


そして二日目の朝。
もう一つのおめあてです。 

鳥取砂丘はあるけれどス○バがなかった鳥取に作られた珈琲屋さんです。
(説明あってるかしら)
本当に砂場があります。ここで朝食をとりました。
何故かというと







これを撮影するため。 
以前送水口博物館にいらしてくださった社会人プロレスラーの軍団ひとり様から情報を頂いていたのです。


凄い凄い ~~

レア度が非常に高い片仮名CEC、しかも単口です。 

真っ白というか銀色というか、に塗られてしまっているのは残念ですが、
飾り板の上に苔が生えていたりして、それはそれでお洒落です。 

線彫CECロゴ。謙虚な感じ。 


すなば珈琲店を訪れるたくさんの若い女の子さんやカップルの横でこれを撮り続けるのは何というかちょっと申し訳ない感じもしたのですが、致し方ありません。次にいつ来れるか分かりません。

駅回り。こちらも蓋散歩びとさんのブログにあったアーケード送水口。
今回蓋散歩びとさんのおっかけみたいになってしまって恐縮なのです。
でもいいのです。違うときに同じものを見ている。
亦楽しからずやなのです。

アーケード送水口に止水弁…しかもこんな高所に…要るのかな? 
(かっこいいのでOK)

二つ並んでアーケード…こんなに要るのかな?

(美しいのでOK)  

今後製造されることはないであろうローレット立売堀様 

赤アクリル壁埋設との共演 

狛犬のように 

もうちょっと続くのです